葬儀の基本的知識[満足のいく葬儀をするために]

葬儀の種類と費用相場[故人に合ったプランで送ってあげよう]

どの葬儀会社を選んだほうがいいのか分からない

葬儀会社は数多く存在しています。適当に選んでしまうと予期せぬ問題が発生してしまい、後悔してしまう可能性があります。葬儀会社の選定の判断基準となるものを記載しましたので、失敗しないためにも確認しておきましょう。

葬儀会社を選ぶ基準ランキング

no.1

親身に相談に乗ってくれるか

喪主になるとやるべきことはたくさんあります。そのため何から手をつけたらよいのか分かりません。問題なく執り行うためにも、どんな些細なことでも相談を受けつけてくれるかをチェックすることが一番重要です。どんなことでも質問を受け付けてくれて的確な返答をしれくれる葬儀会社であれば信頼してよいでしょう。

no.2

すぐに資料をもらうことができるか

1位に次いで重要なのが対応のスピードです。そこで葬儀会社へ資料請求しましょう。すぐに対応してくれれば、他の対応も迅速にしてくれる可能性が高いです。

no.3

色々なプランを提案してくれるか

どのような葬儀にするか、また予算はどれくらいかについては、各家庭によって異なると思います。こちらから提示した希望条件に対して色々な選択肢を提示してくれるのであれば、安心して依頼してよいと言えます。

no.4

契約を急かしてこないか

急いで契約をするよう迫ってくる業者は残念ながら存在します。よく検討もせずに契約してしまうと、後になってトラブルが発生する可能性が高いです。ゆっくり検討する時間を与えてくれる業者なのか確認しましょう。

no.5

支払い期限に余裕があるか

葬式を執り行うのに急を要する場合があります。このようなケースの場合、すぐに葬儀費用を準備するのは容易ではありません。葬儀費用を準備するのに十分な期間なのか契約前に確認しておきましょう。

葬儀の基本的知識[満足のいく葬儀をするために]

葬式

プラン

葬儀のプランは様々なタイプがあります。代表的なのが「一般葬」です。一番選択されることが多いタイプで、友人や会社関係者などをお招きして宗教儀礼を主として執り行います。次に最近多くなっているのが「音楽葬」です。葬儀会場内で故人の思い出深い曲を流すタイプの葬儀です。また遺族やごく親しい方だけで行いたい場合は「家族葬」がよいでしょう。故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができます。

葬儀費用

葬儀の種類や地域によって費用にかなりの差があります。大阪で葬儀をする場合の費用の内訳として「基本費用」「飲食接待」「僧侶への謝礼」の3つが一般的です。「基本費用」は祭壇やドライアイス、人件費など葬儀を執り行うのに必要な費用のことを指します。「飲食接待費」は通夜振る舞いや精進落しなど、参列者にお出しする飲食物の費用です。「僧侶への謝礼」は読経してくれた僧侶へのお礼として渡すお金のことを指します。これらを全て合わせて大体200万円前後が相場となります。

選んだらいけない葬儀会社の特徴

まず見積もりを出さない葬儀会社は避けるようにしましょう。見積もりを出してくれないとどれだけのお金を用意しないといけないのか分かりませんし、後で高額の費用を請求する可能性が高いです。担当者がコロコロ変わる葬儀会社も避けるべきです。担当者がコロコロ変わってしまうと、こちらからの要望が伝わりづらく、後でトラブルになる可能性が高くなります。このような葬儀会社へ依頼するのを防ぐためにも事前にしっかりと情報を集めることが重要です。

葬儀を行った方の体験談

家族葬を行いました

夫は親しい友人が少ないため、家族葬をすることに決めました。落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごすことができました。家族葬を選択して本当によかったです。

当日はすごい大変でした

祖父が急逝したため、急いで葬式を行いました。取り仕切る人が少ないうえに、参列者も多かったため落ち着くひまがありませんでした。でも、これだけたくさんの人に思ってもらえて祖父も喜んでいると思います。

スタッフの対応が素晴らしかったです

父が亡くなったのですが、一人っ子なので当然のことながら私が喪主でした。そのためやるべきことがたくさんで焦っていたのですが、葬儀会社のスタッフが的確なサポートをしてくれて無事葬儀を終えることができました。

良い葬式を行うことができました

80歳の姉が亡くなり故郷の大阪で葬儀をすることになりました。スタッフの方がどのような葬式をすればよいのか、本当に丁寧に考えてくれたのに感動しました。そのお陰で参列者からも良いお葬式だったと言われてとても嬉しかったです。

人付き合いは大切だと思いました

母を弔うため自宅で葬儀を行うことになったのですが、近所の人や会社関係者の人が手伝いをかって出てくれました。葬式を行う前は無事に執り行うことができるのか不安だったのですが、無事トラブル無く行うことが出来ました。

広告募集中